犬のしつけと飼い方の重要性

愛犬の火葬費用

愛犬の火葬費用

 

愛犬の死は避けられないものです。
もし愛犬が死に、火葬にする場合費用は、どのくらいなのでしょうか。

 

愛犬の火葬にも、いろいろなタイプがあり、そのタイプによっても費用は当然変わってきます。

 

愛犬の火葬をタイプ別に分けると、@合同葬 A個別葬 B自宅葬 Cお立ち合い葬などがあります。

 

合同葬は、火葬の時、他のペットも一緒に火葬され、火葬に立ち会うことはもちろん、骨を拾うこともできません。火葬の費用はペットの大きさ、体重で変わります。

 

個別葬は、愛犬を個別に火葬してもらい、火葬に立ち会うことも骨を拾うことも可能です。火葬費用はペットの大きさ体重で変わり、合同葬よりも割高になるのは当然です。

 

自宅葬は、自宅に火葬車で出張してもらい火葬その他葬儀を行うものです。個別葬よりも費用の面ではさらに割高になります。

 

お立合葬は人間の火葬と同じで火葬場に行き火葬した愛犬の骨を拾い持ち帰れます。個別葬より1万円〜2万円くらい割高になります。

 

  • ある動物霊園のペット火葬の費用によると、極小動物(小鳥、ハムスター等)の場合8,400円。
  •  

  • 小型動物(モルモット、フェレット等)で12,600円。
  •  

  • 5kg以内の小型犬、猫、ウサギ等で21,000円。
  •  

  • 15kgまでの中型犬(コーギー・バグ・甲斐犬・柴犬等)大型の猫で26,250円。
  •  

  • 25kgまでの準大型犬(柴犬(大)・シェルティー等 )で31,500円。
  •  

  • 35kgまでの大型犬(シベリアハスキー、ラブラドール、ゴールデンレッドリバー等)で42,000円となっています。

 

費用の中には、火葬料金、斎場使用料(お立会い料)、骨壺等が含まれています。

 

地域により火葬等の費用も変わるとは思いますが、まずは参考にしてみてください。

 

愛犬の葬儀に必要なもの

愛犬の火葬費用関連ページ

愛犬の死とペット火葬
犬もいつかは死にます。その時に慌てないように心の準備をしておきましょう。

人気の犬種ベスト5 犬のしつけ 犬の病気と健康管理 ペット保険の重要性 愛犬の死