犬のしつけと飼い方の重要性

犬を飼う前に


ペットブームの今日、ペット、中でも犬は家族同様に可愛がられ育てられています。

 

これだけを見ると非常に微笑ましい光景ですが、
反面飼い主の無責任な行動により
年間30万匹あまりの犬が保健所などで殺処分されています。

 

殺処分される犬は減ってきたとはいえ、相当な数には違いありません。
犬を飼うと決めたら、最後まで面倒が見れる自信がなければ
決して飼ってはいけません。

 

犬を飼うということは家族が一人増えるのと同じです。

 

病気や怪我をすれば病院へ連れていかなければならないし、
予防接種も義務付けられ
子供を育てるのと同じ労力が必要です。

 

そこまでの覚悟で飼うと決めなければ、愛犬と飼い主双方が幸せにはなれません。

 

犬のしつけで困ったら

犬のしつけ,犬の病気,ペット保険,犬を飼う,犬を育てる

犬のしつけ最低限やらなければならない4つのしつけ
トイレのしつけ

噛み癖のしつけ

無駄吠えのしつけ

散歩時のしつけ


本屋さんで犬の躾の本を買ってきて試してみても効果なし。

しつけ教室に入れてもトレーナーの云うことは聞くが家では元のまま。


もししつけが上手く行かなかった、
こちらのサイトを参考に愛犬のしつけを実践してください。

>>>遠藤和博の犬のしつけ講座


犬のしつけで一番大切なポイント!

犬のしつけ

犬を飼ってからしばらくして「こんなはずじゃなかった」と
思われる方は多いのではないでしょうか。

 

最初は可愛いので、「可愛い可愛い」で育てていると

 

いつの間にかとんでもなく我儘な犬になっているのに気がついたという経験は多くの方がするのではないでしょうか。

 

そうならない為にも、犬のしつけはしっかりしたいものですね。

 

子犬は可愛いですが、いつも飼い主の言うことを聞くわけではありません。
犬を育てるのも人間同様「躾」が大切なのは言うまでもありません。

 

犬を躾するうえで大切なことは何でしょうか。
それは犬の習性をよく理解することです。
犬は、野生動物のころ群れをなして生活をしていました。

 

そしてその群れの中で順位性が非常に厳しく、自分よりも上で
リーダーとみなしたものには、絶対服従で従順な性格です。

 

◆犬のしつけで大切なポイントは、飼い主をリーダーだと思わせることです。

 

可愛いからと言って甘やかせすぎると、とんでもないわがまま犬になるので、
躾は子犬のころからしっかりと行いましょう。

 

犬は、従順であることに喜びを持っているので、
犬を飼おうと思い育てる場合、この犬の躾は必要不可欠なものです。

 

愛犬も飼い主も最後まで幸せな時間が過ごせるように、
犬のしつけは必ず行いましょう。



人気の犬種ベスト5 犬のしつけ 犬の病気と健康管理 ペット保険の重要性 愛犬の死