犬のしつけと飼い方の重要性

ペット保険の相場

ペット保険の費用

 

ペットの種類や年齢、大きさでかかる費用も異なります。
もちろん加入年齢制限もあります。

 

犬や猫の場合、年齢が8〜11歳位までが保険に加入できる
一般的な年齢です。

 

動物病院にかかる医療費も年々高くなています。
ペット保険に入っているから安心と思っていると大きな間違いです。

 

ペット保険加入時によく調べておかないと、動物病院での治療の内容によっては、
補償対象外の病気や怪我もあるので、事前によく知っておく必要があります。

 

従来ペット保険は、無認可の共済型保険が中心でした。
その為トラブルも多く発生していました。

 

しかし、法改正で許認可制になり、我々飼い主も安心して業者を選べます。
金融庁が許可した日本で初めてのペット保険が、
アリアンツ火災海上保険株式会社のペット保険です。

 

種類は、てん補割合が100%の「スーパー100プラン」、
てん補割合が70%の「スーパー70プラン」、
てん補割合が50%の「スーパー50プラン」の三種類が用意されています。

 

ともに、犬用、猫用があります。

 

ペットにかかる費用は、
そのペットの種類、大きさ、動物病院によってもかなり違います。

 

ペットにかかる医療費の年間平均は、犬で5万円、猫で3万円前後だそうです。
それに伴い年間保険料の平均は、およそ3万円だそうです。

 

健康なままで、病気や怪我もせず過ごせれば、ペット保険は無駄になりますが、
大きな病気や怪我で長期の治療が必要な時、ペット保険に入っていると安心です。

 

シンプルでわかりやすい3つのプラン!ペット医療保険

【ペッツベスト】のペット医療保険

2012ペット保険年間人気商品ランキング第1位!!!

 

ペット保険の相場関連ページ

ペット保険とは
犬が怪我、病気、人に怪我を負わせた場合に必要なのがペット保険。果たしてペット保険は必要か否か。
ペット保険の選び方
犬が怪我、病気、人に怪我を負わせた場合に必要なのがペット保険。果たしてペット保険は必要か否か。
ペット保険どこがいい?
犬が怪我、病気、人に怪我を負わせた場合に必要なのがペット保険。果たしてペット保険は必要か否か。

人気の犬種ベスト5 犬のしつけ 犬の病気と健康管理 ペット保険の重要性 愛犬の死