犬のしつけと飼い方の重要性

犬の病気コロナウイルス性腸炎の予防と治療

コロナウイルス性腸炎とは

コロナウイルス性腸炎も愛犬がよくかかる病気の一種です。

 

コロナウイルス性腸炎に感染すると、
下痢、嘔吐、食欲がない、脱水症状などの症状が発生します。

 

犬コロナウイルスの感染経路は、
犬コロナウイルスに感染した犬の嘔吐物や糞便に口や鼻が触れることで感染します。

 

数日の潜伏期間を経て、コロナウイルス性腸炎は発症します。
また犬コロナウイルスは、感染力が強く、「パルボウイルス」と混合して感染すると
致命傷となりかねませんので注意して下さい。

 

パルボウィルス感染症も犬コロナウイルス感染症によく似ていて
食欲不振、元気消沈、嘔吐、などの症状が現れる病気です。

 

コロナウイルス性腸炎の予防策としては、
ワクチンによる予防接種と衛生管理を怠らず、
コロナウイルス性腸炎は感染力が強いので
他の犬と不用意に交わらせないことも大切です。

 

また不幸にしてコロナウイルス性腸炎に感染したら、
動物病院での治療となるのですが、
治療としては、下痢、嘔吐を抑える薬が投与され、
脱水症状を改善する処置が取られます。

 

コロナウイルス性腸炎ですぐ愛犬が死に至らされることは少ないですが、
愛犬の健康管理には、日頃からの注意と健康管理の知識の取得も大切です。

 

犬の病気コロナウイルス性腸炎の予防と治療関連ページ

犬のかかる病気
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介
犬の病気狂犬病
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介
犬の病気フィラリアとその予防
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介
犬の病気ジステンパーと
その予防
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介

人気の犬種ベスト5 犬のしつけ 犬の病気と健康管理 ペット保険の重要性 愛犬の死