犬のしつけと飼い方の重要性

子犬を安く買う

子犬を安く手に入れる方法

 

ペットブームの昨今、犬を飼おうと思いペットショップに足を運ぶと、人気の子犬は、かなり高額な値段で売買されています。
20〜30万円の値段がついた可愛い子犬がいっぱいです。

 

高額な値段が付いているのには、人気ばかりではなく、
安易な衝動買いで子犬を不幸にさせないという配慮もされているのです。

 

しかし、こんなに高くては・・・ね。

 

もっと安く子犬を手に入れる方法はないのでしょうか。

 

友人知人から貰い受ければ一番安く手に入れることが可能ですが、
そのような環境にいる方は、かなり少ないでしょう。

 

ブリーダーをこまめにあたっていると、
ショーブリーダーの場合、ショーの規格外で生まれた子犬の場合、
かなりの破格値で売ってくれる場合があります。

 

常日頃からインターネットなどで情報収集をこまめに行っていると
このようなチャンスに恵まれる可能性もあります。

 

また最近では、
インターネットのオークションでも、子犬が多く出品されていますから、
お好みの愛犬が見つかるかもしれませんね。

 

あとペットショップで、
いわゆる売れ残った子犬の場合かなりの安値になっています。
ペットショップでは生後2〜3ヶ月までの子犬が一番商品価値が高く、
生後6ヶ月にもなると通常販売価格の半額以下になってしまいます。

 

中には通常販売価格の3分の1以下の値段で取引されているものもありますので、
ペットショップにこまめに通い情報収集するのも
子犬を安く手に入れる方法の1つかもしれません。

 

子犬は高い安いに関わらずいったん飼い始めたら、最後まで面倒を見るのが飼い主の努めですので、どのような理由があろうとも決して途中で投げ出さないようにしてください。

 

 

子犬を安く買う法関連ページ

子犬の選び方
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。
いぬの里親募集とは
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。
保健所から犬をもらう
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。
ブリーダーで犬を買う時の
注意点
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。

人気の犬種ベスト5 犬のしつけ 犬の病気と健康管理 ペット保険の重要性 愛犬の死