犬のしつけと飼い方の重要性

犬の病気狂犬病

狂犬病の予防接種は法律で義務付けられています。

 

犬を飼って最初に行うことは、犬の健康管理です。
犬を飼ったら狂犬病の予防接種が毎年義務づけられています。

 

狂犬病とは、犬だけではなく、哺乳類、鳥類、人間にも感染する
非常に死亡率の高い病気です。
まだ治療法も分からず発病したら死を待つしかない恐ろしい病気です。

 

日本では、予防接種のおかげで1956年を最後に確認されていませんが、
海外では、多くの哺乳類に狂犬病の発病が確認されています。

 

海外からいろいろな動物がペットとして輸入されている現在、油断は禁物です。
ただ狂犬病は、予防接種さえきちっと行っていれば発病する心配はありません。

 

狂犬病は、ウイルスで感染する病気です。
また犬に感染しやすいラブドウイルスの一種だそうです。

 

もし狂犬病に感染すると発病するまでに1〜2週間だそうです。
発病したかどうかは、犬の様子でわかります。

 

名前のとうり狂暴になりオオカミのような遠吠えを発します。
またよだれを流しながらむやみやたらに歩き回り、
時には地面を訳もなく掘り出したりと異常行動を続けます。

 

ウイルスの進行速度は1日に数ミリから数十ミリで、
かみ傷などから狂犬病ウイルスは侵入し脳神経組織に入り発病します。

 

日本では、50数年あまり狂犬病は確認されていませんが、
最近では外国の貨物船に乗っている犬からの感染も心配されています。

 

お隣の中国、インドネシアなどでは、現在も多くの狂犬病が確認されています。

 

ただそのような国から狂犬病にかかった犬が日本に入ってきても、
予防注射をしっかり行っていれば感染の恐れはないので、

 

愛犬には必ず年一度の狂犬病の予防注射をするように心がけてください。

 

犬の病気狂犬病関連ページ

犬のかかる病気
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介
犬の病気フィラリアとその予防
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介
犬の病気ジステンパーと
その予防
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介
犬の病気コロナウイルス性腸炎の予防と治療
犬の病気の種類と病気にならない健康管理の仕方を詳しくご紹介

人気の犬種ベスト5 犬のしつけ 犬の病気と健康管理 ペット保険の重要性 愛犬の死