犬のしつけと飼い方の重要性

子犬の選び方

犬を飼おうと思ったら(賢い子犬の選び方)

 

犬を飼おうと決めたら、
まず最初に後悔しない子犬の選び方を知らなければなりません。

 

子犬を選ぶ上での基本的なチェックポイントは、以下の10ポイントです。

 

@容姿・頭の格好が良いか。
A毛につやがあるか。
B目につやがあるか、また目やになどで目が汚れていないか。
C歯のかみ合わせは綺麗か。
D耳垢で汚れていないか。

犬のしつけ


Eお尻は綺麗か。
F足に異常はないか。
G活発で元気があるか。
H食欲は旺盛か。
I性格はよさそうか。

 

などです。

 

それ以外にも、人懐こいか。素直そうで、じっと抱かれている。
むやみに人を見て吠えないかなどのチェックポイントも大切です。

 

また子犬を買うペットショップの環境も気をつけて見てみましょう。

 

  • 店内が清潔で明るいか。
  • 子犬の健康診断や予防接種は、きちんと行われているか。
  • 飼育環境がよくフェラリア予防やノミ・ダニ予防は適切にできているか。

 

これらも十分チェックの対象となるものです。

 

しかしすべてが揃った子犬は、なかなか見つからないかもしれません。

 

飼い始めてすぐ、病院通いで忙しかったり、夜になるとむやみに吠えたり、
こんなはずじゃなかったという事もあるかと思います。

 

しかし

 

一度飼い始めた子犬は、どのようなことがあろうとも、
最後まで面倒を見るのも飼い主のつとめです。

子犬の選び方関連ページ

子犬を安く買う法
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。
いぬの里親募集とは
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。
保健所から犬をもらう
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。
ブリーダーで犬を買う時の
注意点
犬を飼い育てることの重みを知りましょう。軽い気持ちで飼うと愛犬にとっても飼い主にとっても不幸な結果を招きます。

人気の犬種ベスト5 犬のしつけ 犬の病気と健康管理 ペット保険の重要性 愛犬の死